「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

製造大手10社が副業容認 日産、富士通、花王など 

47NEWS(よんななニュース)


 共同通信社が大手メーカー24社に実施したアンケートで、日産自動車や富士通など10社が社員の副業を認めていることが9日、分かった。減産の拡大などに対応した動きだ。会社として実態を把握していないケースもあり、詳細は不明だが実際に副業をしている人は現時点では、いるとしてもわずかとみられる。

 しかし賃金の目減りを“アルバイト”で補てんすることを大手企業が制度として容認したことは、会社への忠誠心などを核としてきた日本の伝統的な企業統治や雇用形態が大きく揺らぐことにつながりそうだ。

 日産は自動車大手で初めて副業を容認。これまで原則禁止だったが、減産による臨時休業日に限り3月から認めた。内容を会社に届け出ることを義務付けている。

 業務に支障がないことを条件としているのはキヤノン、ブリヂストン、デンソー、花王。トヨタ車体は就業規則に禁止条項がない。

 三菱化学は「個別の事案に応じて判断」、水島製作所(岡山県倉敷市)が独自の判断で一部社員に容認していた三菱自動車は「特段の事情を考慮して認める場合がある」としている。東芝や富士通の半導体子会社でも容認している。

 10社のうち日産自動車、三菱自動車、富士通、東芝の4社は最近の業績悪化に伴って容認した。残り6社は現行の就業規則でも副業は可能と説明した。

2009/04/09 17:22 【共同通信】
[PR]
by miya-neta | 2009-04-09 17:22 | 経 済