「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

自民には逆風? 「幸福の科学」立党の野望とは

社会:ZAKZAK

「241議席目指す」と宣戦布告

左から党首・饗庭直道、党首代行・大川きょう子=25日午後、東京都港区の虎ノ門パストラルホテル(撮影・三尾郁恵、クリックで拡大)
 宗教法人「幸福の科学」(東京、大川隆法総裁)を母体とする幸福実現党が、ついにベールを脱いだ。25日に記者会見した饗庭直道(あえば・じきどう)党首は、「麻生太郎首相にも、民主党の鳩山由紀夫代表にも引退勧告し、不肖わたくしが次期首相として日本を変革したい」と既成政党に対して高らかに宣戦布告した。次期総選挙にどんな影響を及ぼすのか。

 会見で同党は、次期総選挙で300小選挙区すべてに候補者を擁立することを発表。大川きょう子党首代行を自民党の小池百合子元防衛相の東京10区、創価学会出身という佐藤直史幹事長を公明党の太田昭宏代表の東京12区、小林早賢広報本部長を与謝野馨財務相の東京1区から出馬させる方向で調整している。


 ほかにも饗庭氏は著名人候補の存在をほのめかし、小林氏は「(衆院過半数の)241議席を目指す」と断言した。

 長く政界進出をうかがってきたとされる幸福の科学は、信者数は非公表ながら「100万から150万人」(選挙事情通)といわれる。自民・民主の2大政党での「政権交代」が最大のテーマとなっている次期総選挙に影響はあるのか。

 政治評論家の浅川博忠氏は「有権者は自民・民主の対決とみており、信者以外の伸びはなさそうだ。かつてのオウム真理教のようなもの、と有権者は見てしまい、政界初進出の新鮮味はない。比例で1議席がせいぜいだろう」と語る。

 ただ、選挙事情通は「思想は安倍晋三元首相に近い自民党寄りで、過去に丸川珠代参院議員が応援を受けてギリギリで当選した例がある。そうした『影の組織票』を失う自民党は、比例票を失ううえ、接戦区に候補者を立てられたら民主党に競り負ける場面も出てくるだろう」と話した。

 自民党には逆風となりそうだ。

ZAKZAK 2009/05/26
[PR]
by miya-neta | 2009-05-26 12:08 | 政 治