「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

橋本元首相、午後に政倫審で弁明へ 1億円献金隠し事件

橋本元首相、午後に政倫審で弁明へ 1億円献金隠し事件 - asahi.com : 政治


 衆院政治倫理審査会(小里貞利会長)が30日午後開かれ、橋本元首相は日本歯科医師連盟(日歯連)から自民党旧橋本派への1億円献金隠し事件について弁明する。橋本氏は日歯連側との会食の記録が残っていることや、他の関係者の証言などから、1億円の小切手を受け取ったことそのものは「客観的な事実」として認める方向だ。ただ、具体的な会談内容については、これまで通り「記憶にない」との説明を繰り返し、政治資金収支報告書に記載しなかったことへの関与も全面的に否定する見通しだ。

 審査会は冒頭、橋本氏が15分間弁明を行った後、自民、公明の与党が30分、民主が35分、質疑を行う。02年7月以降に開かれた3回の審査はテレビ中継か報道陣の傍聴が許可されたが、今回は非公開で、審査会委員以外の衆院議員25人のみ傍聴が認められた。野党は疑惑の解明が進まなかった場合、来年1月召集予定の通常国会で改めて橋本氏の証人喚問を要求する方針だ。

 東京地検特捜部は旧橋本派の会長代理だった元官房長官の村岡兼造被告の指示で1億円を政治資金収支報告書に記載しなかったとして、同派の当時会計責任者だった滝川俊行被告を政治資金規正法違反(不記載)の罪で起訴。村岡元長官も同じ罪で在宅起訴された。橋本氏については「関与は認められなかった」として嫌疑不十分で不起訴処分にした。

(2004/11/30 11:07)
[PR]
by miya-neta | 2004-11-30 13:01 | 政 治