「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

邦人観光客15人、集団買春で罰金・大連で8月

NIKKEI NET:社会 ニュース


 【上海3日共同】中国遼寧省大連市で8月中旬、日本人観光客15人前後が買春容疑で取り調べを受け、罰金を払って釈放されていたことが3日分かった。罰金は5000元(約6万2000円)以下とみられる。消息筋が明らかにした。

 同筋によると、処分を受けた日本人らは複数のツアーの参加者で、現地の旅行会社3社から紹介されたナイトクラブの女性をホテルに連れ帰り、買春。公安当局は旅行会社の社長やガイド、クラブのオーナーら中国人5人前後を拘束したという。

 大連市には日系企業が多く、在留邦人は2400人以上で上海、北京、広州に次ぐ。市当局は、市民の反日感情が高まるのを恐れて、事件を公表していない。

 中国では昨年9月、広東省珠海市で起きた日本人観光客約380人の集団買春で、中国各紙が批判、反日感情が高まって外交問題に発展。今年5月には上海でも日本人観光客約20人が摘発される事件があったが、今回と同様、市当局が報道管制を敷き、中国メディアは報道しなかった。

(2004/12/03 23:00)
[PR]
by miya-neta | 2004-12-03 23:19 | 国 際