「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「マスター/スレーブ」など最も差別的な表現トップ10

「マスター/スレーブ」など最も差別的な表現トップ10 | Excite エキサイト


[ 2004年12月04日 22時48分 ]

[ロサンゼルス 3日 ロイター] ロサンゼルス郡の購買局がコンピューター用語の『マスター/スレーブ(主人/奴隷)』が人種差別的で不快感を与えるとして使用を禁止した問題で、このフレーズが今年の最も差別的な表現として選ばれたと木曜日に発表された。

言葉の使い方を考えるグループのグローバル・ランゲージ・モニターが選んだ他の不適切な表現トップ10のリストでは、異性愛者同士の結婚を意味するために『ノン・セイム・セックス・マリッジ(非同姓婚)』、ウェイター・ウェイトレスと言う代わりに『ウェイトロン』、神という言い方は宗教的表現過ぎると非難する人が居るので『ハイヤー・ビーイング(より高等な存在)』と言い換えるのが好ましいという。

「『マスター/スレーブ(主人/奴隷)』が2004年で最もとんでもない差別的な表現の例だ」と、グローバル・ランゲージ・モニター代表のポール・JJ・ペイヤック氏が答えた。ペイヤック氏によれば、「現在の生活では、コンピューター・テクノロジーの管理プロセスレベルに至るまで、あらゆる面において力の優劣が及んでいるという例でもある」という。

コンピュータ用語では、『マスター/スレーブ』はハードディスクのプライマリーとセカンダリーを意味する。しかし、ロサンゼルス郡の購買局では、2003年後半にこの表現が侮辱的で地域文化の多様性を侵害していると供給元に伝えた。ロサンゼルス郡では、差別是正措置の担当部署がパッケージ差し替えの追跡に取り掛かった。

公に騒ぎになった後、郡では主張を取り下げた。ペイヤック氏によれば、この件は2003年の後半に起こったが、論議が活発に行われたのは2004年だったという。

また他の表現では、『ヤンキー・へイター(ヤンキーズを憎む人)』ではなく『レッド・ソックス・ラバー(レッド・ソックスを愛する人)』と言い換えるべきで、クラシカル・リベラル派と言わずに『プログレッシブ(革新主義者)』、ブッシュ大統領を罵倒する時には『インキュリオス(好奇心の無い)』という言葉を使用するべきで、ウェイターと呼ばずに『バリスタ』と、フレッシュマン(一年生)のかわりに『ファースト・イヤー・スチューデント』を使うのが望ましい、といった表現が上げられている。

[日本語訳・D姐]
この記事はロイター通信社との契約に基づき、エキサイト株式会社が日本語翻訳を行っております。
[PR]
by miya-neta | 2004-12-04 23:16 | 国 際