「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ベッカムの「キリスト誕生」に教会が激怒

英ろう人形館、ベッカム夫妻らがキリスト降誕場面に(Excite エキサイト)
  [ 12月08日 16時50分 ]

 [ロンドン 7日 ロイター] ロンドンのマダムタッソーろう人形館に7日、新たに有名人の人形が登場した。
 その人形は、クリスマスを控えて、キリスト降誕の場面を模したもの。
 サッカーのイングランド代表主将デビット・ベッカムとビクトリア夫人がヨセフとマリアに扮し、ブッシュ米大統領、ブレア英首相、エリザベス女王の夫君エジンバラ公らの人形が東方三賢人として登場している。
 このほか、米俳優のサミュエル・L・ジャクソンや英俳優のヒュー・グラントらの人形も顔を並べている。

b0067585_12581573.jpg 12月7日、ロンドンのマダムタッソーろう人形館に、新たに有名人の人形が登場。キリスト降誕の場面を模したもので、デビット・ベッカムとビクトリア夫人、ブッシュ米大統領らの人形が一堂に(2004年 ロイター/Peter Macdiarmid)

--- --- --- --- ---

ベッカムの「キリスト誕生」に教会が激怒
 [ 2004年12月09日 11時47分 ]

b0067585_1301735.jpgベッカムの蝋人形 (Reuters Picture)


[ロンドン 8日 ロイター] ロンドンの「マダム・タッソー蝋人形館」で、サッカースターのデイビッド・ベッカムの人形を大工のヨゼフに、夫人でポップシンガーのビクトリアのものを聖母マリアに扮装させた「キリスト生誕」の活人画の展示が始まったが、これに対し、キリスト教各宗派の指導者が8日、非難の声明を出した。

英国教会、カトリック、長老派はともにこの展示を、セレブ崇拝の熱狂が産み出した低俗性と非難した。

活人画において、オーストラリアの歌手、カイリー・ミノーグが馬小屋で宙に浮いた天使演じ、「ポッシュ・スパイス」のビクトリアがやさしくベッカムの肩にショールを被った頭を乗せている。

東方の三博士はトニー・ブレア、ジョージ・ブッシュそれにエジンバラ公爵。羊飼いに扮するのは、米俳優サミュエル・L・ジャクソン、英俳優ヒュー・グラント、アイルランド人喜劇俳優、グラハム・ノートンだ。

ローマ法王庁は不快を隠さない。

法王庁の関係者は「これは悪趣味では済まされません。浅薄です」とローマのロイターに語った。

「現代の人間を《キリスト生誕》の主要人物に使ってはいけません……そんなことが可能なら、人々が道徳的な基盤に疑問を感じた場合、ますますまずい」と付け加えた。

この関係者は、クリスマスを近代的にするために、脇役に現代の人間を使うのが許される場合もあるが、主要人物がダメだと、語った。

例えば、ナポリではアルゼンチンの有名サッカー選手、ディエゴ・マラドーナがキリスト生誕の場面で羊飼いとして描かれたことがある。

全世界で7000万人いる英国国教信者の精神的指導者であるローワン・ウィリアムズ・カンタベリー大司教のスポークスマンは「ビクトリアとベッカム」のキリスト生誕にウンザリした様子で絶句した。

「どの世代にも、キリストの生誕を再解釈しようと試みるのは伝統ですが、これは、ちょっと……」

「アングリカン・チャーチ・タイムズ」の編集者、ポール・ハンドリー氏は、問題の活人画は「憐れの一言」と言う。

同氏はロイターに「人々が聖なる物をオモチャにしていいと感じていることを示す新たな兆候ですね。神はお悩みにならないでしょうし、対応なさるでしょうが……ちょっと失望しますね」と語った。

保守系福音派の団体「リフォーム」の報道官、ロッド・トーマス師はロイターに「キリスト教のメッセージの意義を理解するしないで、ただ利用しようという風潮の新たな現れに過ぎないでしょう」とコメント。

「イスラム教徒は、教義における重要な出来事を描くのにこんなことをしますかね」と同師は疑問を呈した。

長老派教会の報道官は同じく率直にこうコメントした。「蝋人形は多くの人々に不快感を与えているので、すぐに撤去すべきです」

ベッカム夫妻は、自分たちが蝋人形館で《キリスト生誕》に使われる計画は知らされていなかった、と2人の広報担当はロイターに語った。そして「この件に関してはコメントはありません」と付け加えた。

この論争が激化すると、英国主将のベッカムはやっかいなトラブルに巻き込まれるかもしれない。現在、ベッカムはヨーロッパ・チャンピオンズ・リーグでレアル・マドリード対ASローマの試合に参加するためにイタリアにいる。ローマ法王庁と目と鼻の先にいるのだ。

[翻訳:ラプター]

--- --- --- --- ---

b0067585_1731449.jpg「マダム・タッソー蝋人形館」
[PR]
by miya-neta | 2004-12-09 12:59 | 国 際