「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ジュリアーニ氏、国土安保長官人事で大統領に謝罪

NIKKEI NET:国際 ニュース


 2008年米大統領選の有力候補と見られるジュリアーニ前ニューヨーク市長が手痛い失点を喫した。リッジ国土安全保障長官の後任に推薦したケリク前ニューヨーク市警本部長が指名を辞退したためで、ジュリアーニ氏は12日夜、ブッシュ大統領に直接謝罪した。

 ジュリアーニ氏とケリク氏は01年の同時テロを共に経験し、現在もコンサルティング会社を共同経営している。ケリク氏は長官に指名された後、不法移民を家政婦に雇っていたことやマフィア関係者とのつながりなどが明らかになった。ジュリアーニ氏は「自分がケリク氏)を推薦したことが指名につながった」と責任を認めた。

 ジュリアーニ氏は先の共和党大会で基調演説するなど指導者候補と目されている。だが、妊娠中絶容認などリベラルな側面を持つことや、弟のジェブ・ブッシュ・フロリダ州知事のライバルとなる可能性があることからブッシュ大統領は一定の距離を保っている。(ワシントン=森安健)


(2004/12/14022:41)
[PR]
by miya-neta | 2004-12-14 23:03 | 国 際