「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

外国人労働者の受け入れ拡大検討を…法相の諮問機関

YOMIURI ON-LINE / 政治


 法相の私的諮問機関「出入国管理政策懇談会」(座長=楠川絢一・元東京都立大総長)は21日、急速な少子高齢化の進行で働き手が不足することから、外国人労働者の受け入れ拡大を検討すべきだとする報告書をまとめ、南野法相に提出した。

 報告書では、政府が進めている専門的、技術的分野での外国人労働者受け入れをさらに促進するべきだとした。その上で、これまで「専門的」「技術的」と評価されていない分野にも対象を拡大し、外国人受け入れを検討する必要性を指摘している。

 具体的な検討の対象職種は明示していないが、「将来的にも継続的に労働力のニーズがある分野で、国内の労働力確保に支障が生じているケース」や「日本の伝統文化・技術を学び、後世への伝承者となる素養のある者」などを検討対象として例示している。

 ただ、外国人労働者の受け入れ検討に当たっては、「わが国の安全と秩序を維持」する必要があるなどとし、安易な受け入れ分野の拡大には慎重な姿勢も示した。

 法務省はこの報告書をもとに、年度内にも新たな出入国管理基本計画を策定したい考えだ。

(2004/12/21/20:56 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2004-12-21 21:11 | 政 治