「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「ダ・ヴィンチ・コード」にパリの教会が「ノン!」

eiga.com [ニュース&噂] 1月4日更新


 パリ6区にあるサン・シュルピス教会は、ベストセラー小説「ダ・ヴィンチ・コード」(ロン・ハワード監督によって映画化予定)の舞台の1つとして一躍観光名所になっているが、最近、教会の中に「小説の記述はでっち上げ」という主旨の声明文が設置されて話題を呼んでいる。

 この教会には、18世紀に設置された真ちゅうの子午線とオベリスクがあり、小説の中では修行僧シラスがキー・ストーンを探す場面で有名だ。問題の声明文には「最近のベストセラー小説の想像上の記述に反し、この子午線は異教徒の寺院の名残とは無関係だし、この場所にそのような寺院が存在した事実もない。ローズラインという呼び名でこの線が呼ばれたこともない。創造主である神が時を支配するということ以外に、この線には神秘的な意味は全くない」。さらに、「教会の小さな円い窓にある、“P”と“S”の文字は、教会の守護聖人である“Peter”及び“Sulpice”を指すものであり、想像上の“Priory of Sion(シオン修道院)”を意味するものではない」と小説を全面的に否定している。

 映画の撮影は今年5月から始まると言われているが、この教会で撮影許可が下りるかは不明。ここ以外にも、ルーブル美術館やウェストミンスター寺院など、歴史的建造物が多数登場する映画とあって、クランクインまでの成り行きが見逃せない。
[PR]
by miya-neta | 2005-01-04 22:52 | 芸 能