「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

アテネオリンピックの開会式はわいせつだった?

アテネオリンピックの開会式はわいせつだった? | Excite エキサイト : ニュース


[ 2005年01月19日 02時35分 ]

b0067585_9485257.jpgオリンピック開会式はわいせつだった?
(ロイター/ウォルフガング・ラッタイ)


[アテネ 17日 ロイター] アテネオリンピックの開会式がわいせつだったという苦情がアメリカから寄せられ、アテネ五輪組織委員会のアンゲロプロス会長が立腹している。彼女はアメリカの監査機関に、古代ギリシャ文化を取り締まるのは余計なお世話だと警告した。

ジアンナ・アンゲロプロス会長は連邦通信委員会の監査機関に、オリンピック開会式を放送したNBCテレビを罰することがないよう警告を出した。連邦通信委員会はスーパーボールの中継で歌手ジャネット・ジャクソンの胸が放映された事件以降、神経をとがらせている。

男性の裸体、 女性の胸、および性行為を思わせる動きが、昨年8月13日の開会式に対する声高な苦情の対象だ。これは連邦通信委員会のウェブサイトで発表された。

「開会式は美しく啓発的で、いきいきとして楽しく、わいせつからはほど遠いものでした」アンゲロプロスは週末のロサンゼルス・タイムズに、「いつからギリシャ文化がわいせつになったのか?」と題された論説を寄せた。

「ギリシャはアメリカの文化戦争に引き込まれたくありません。しかし、それこそいま起こっていることなのです」

苦情は主に裸の彫像を模した人々のパレードに対して集まっている。その中には、古代ギリシャの黄金時代を象徴する好色神サテュロスおよび裸のクロノスの彫像も含まれていた。

ギリシャ人ダンサー、ディミトリス・パパイオアノウが美術監督をつとめ、米国ではNBCが放送した開会式は、華々しくオリンピックの開始を告げた。

<エロスの歴史>
「私たちはギリシャの海とおたがいの愛を楽しむカップルを表現しました。さらに愛の神エロスの歴史を語りました。 愛、 情熱、欲望を神に転じるのは、ギリシャ人が行った文明への貢献のひとつです」アンゲロプロスは言う。

連邦通信委員会の権限が及ぶのはアメリカのメディアのみだが、寄せられた苦情のうちウェブサイトであげられた9点について調査を進めると言っている。しかし、公式の捜査活動が行われるのかどうかは明確ではない。

アンゲロプロスは、開会式を見た39億人の前ではひとにぎりのアメリカ人から寄せられた苦情はささいなもので、その主張は鈍感だと言う。

「アメリカ人たちも確実に気づいているように、今日の世界には、よそで作られた単一の価値基準による文化的支配が地域文化を退化させ絶滅させている事態に対する強い敵意があります」

「この文脈において、ギリシャ文明の原点の表現がテレビ放映に適さないというレッテルを貼ることになりかねない件にアメリカの政府機関が乗りだすというのは、驚くほど愚かな行為です」

月曜日はアメリカの公休日だったので、これに対する連邦通信委員会側のコメントはまだ発表されていない。

[日本語訳:野中モモ]

この記事はロイター通信社との契約に基づき、エキサイト株式会社が
日本語翻訳を行っております。
[PR]
by miya-neta | 2005-01-19 09:48 | 国 際