「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ばんばひろふみ:女性問題が原因で平山みきと離婚

MSN-Mainichi INTERACTIVE 話題


 歌手のばんばひろふみ(54)と平山みき(55)夫妻が28年の結婚生活にピリオドを打っていたことが22日分かった。今年に入り、書類上の手続きも済ませて京都市内で離婚届を提出。破局の要因はばんばの女性問題で、昨年夏ごろから別居状態だった。ばんばは本紙の取材に対し「十分に話し合った結果。これからも1人の女性として尊敬し続けたい」と、平山についてコメントしている。

 歌手同士の熟年夫婦が選択した答えは「離婚」という2文字だった。

 歌番組で共演したのをきっかけに平山のファンだったばんばが猛アタックをかけ、1977年に結婚。当時は2人ともニューミュージック界の人気シンガーで、大きな話題となった。

 2年もたたずに長男が誕生。平山はしばらく家事と育児に専念したが、82年に芸能界にカムバックし、夫婦それぞれ活動を行ってきた。そんな2人には同世代のファンも大きな共感を抱いていたが、ばんばは「それぞれの歌の道を追求するにあたり、行動とお互いへの理解にすれ違いが重なってきた」と、実態は決して順調な夫婦生活ではなかったことを示唆した。

 ばんばは司会業などにも進出。平山も芸能活動の一方で京都でファッションブランド「イエローライオン」を立ち上げるなど幅を広げていったが、結果、こうした多忙さが2人のすれ違いを増長させていった。

 そんな折、ばんばの女性問題が浮上。関係者によれば、相手は一般人。交際時期は不明だが、ばんばは昨年春に女性の存在を平山に告げたという。これが破局の決定的要因となった。

 同夏から別居生活が始まり、離婚へ向けての協議に入った。関係者は「慰謝料や財産分与などについても協議は終えており、法廷に持ち込まれることはない」としている。ばんばは「これからも1人の女性として、歌手として平山みきを尊敬し、良き友人であり、良きライバルでありたい」と話している。

 ばんばは現在、NHK朝の連続テレビ小説「わかば」にレギュラー出演。ほか関西中心にラジオ番組などを持ち、根強い人気だが、離婚という決断は仕事にも影響を与えそうだ。

スポーツニッポン 2005年1月23日
[PR]
by miya-neta | 2005-01-23 10:19 | 芸 能