「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

石原氏、知事会長巡り「総理出て来いと言えるのはおれ」

石原氏、知事会長巡り「総理出て来いと言えるのはおれ」 - asahi.com : 政治


東京都の石原慎太郎知事は28日、朝日新聞のインタビューで次の全国知事会長就任への意欲について、「国全体のスキームを変えるということで、まず総論から始めるというならばやる」と述べた。「なりたいわけではないが、国に向かって『仕切り直しだ。まず、総理、出てこい』と言えるのはおれだけだろう。そのけんかなら買ってでる」とも語った。

 ただ、石原知事は昨年の三位一体改革が、国から地方への財源移譲額の議論に終始したことに触れ、「今度は何兆円だという金目の話ならば、立場が違ってしまう」と語った。会長への就任は、根本議論から進めることに全国の知事が納得するかどうかにかかっている、との姿勢も示した。

 「国はどこまで仕事をして、地方自治体はどこまでやるのかという区分をきちんと決めるべきだ」と述べ、「去年の結論に満足している知事はいない。時間はかかるが、戻そうと思えば戻せる」と仕切り直しの必要性を強調した。

(2005/01/29 09:12)
[PR]
by miya-neta | 2005-01-30 17:17 | 政 治