「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

4歳児が1人で車を運転、夜中のビデオ屋へ

CNN.co.jp : 4歳児が1人で車を運転、夜中のビデオ屋へ - こぼれ話


2005.02.08
Web posted at: 11:48 JST- CNN/AP

ミシガン州サンドレイク──4歳の男の子がひとりで車を運転して、近所のビデオ屋と家の間を往復してしまった。地元警察が明らかにした。

当地のサンドレイク警察によると、4日午前1時半頃、男の子が母親の車を運転しているところを、警官に発見された。

男児の足はアクセルに届かなかったが、ギアを入れて車を発進させ、自宅から約400メートル離れたビデオ屋に到着。しかしビデオ屋が閉まっていたため、男の子は再び車をゆっくりゆっくり走らせて帰路についた。

ライトをつけずにジグザグ走行していたところを、巡回中の警官が発見。運転手が給油か何かのためにエンジンをかけっぱなしで離れた車が、勝手に動き出したのかと思い、様子を見ていたところ、車がマンションの駐車場に入っていったので、おかしいと気づいたという。

のろのろ走行のまま、車は駐車中の車2台に衝突。警官がパトカーのライトをつけると、男の子はギアをバックに入れ、パトカーにも衝突してしまった。

警察は地元紙に「たった4歳の男の子だったんだ。母親は、息子が起きていたことにも気づいてなかった。男の子も自分が何をしでかしたのか理解していないと思う」と話した。

母親は警察に対し、自分が運転中に息子をひざに乗せて、運転の真似ごとをさせたことがあると説明。それ以来、男の子は運転に興味をもって、前にも自分で運転しようとしたことがあるという。

警察によると、男の子や母親が何かの罪に問われることはないという。
[PR]
by miya-neta | 2005-02-09 11:45 | 国 際