「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

英皇太子:「さらばダイアナ」愛人カミラさんと再婚へ

MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件


 【ロンドン 小松浩】英皇太子の事務所は10日、チャールズ皇太子(56)と長年の愛人であるカミラ・パーカー・ボウルズさん(57)との結婚式が4月8日に行われると発表した。王位継承者が離婚経験者と再婚することには反対論も根強く、英国教会の教義や、オーストラリアなど英君主を元首とする英連邦諸国に波紋を広げそうだ。

 チャールズ皇太子は故ダイアナ妃と81年に結婚したが、昔の恋人だったカミラさんとの密会がきっかけで不仲となった。夫のいたカミラさんは95年に離婚。チャールズ皇太子も96年にダイアナ妃と正式に離婚した。ダイアナ妃は翌97年、パリで交通事故で死亡。皇太子はその後もカミラさんとの交際を続け、最近は公の席にも一緒に姿を見せるなど、事実上、夫婦同然の生活をしている。

 昨年の世論調査では、皇太子とカミラさんの再婚に賛成の国民は32%、反対は29%。残りの約40%は無関心だった。10日の英メディアは「皇太子は自分の好きな相手と結婚する権利がある」「カミラさんはダイアナより結婚相手にふさわしい」といった賛成論や「結婚する前にチャールズ皇太子は王位継承権を放棄すべきだ」「カミラさんが女王になるくらいなら英国も大統領制にした方がいい」など反対する声も寄せられている。

 英王室は英国国教会の長にあたる。国教会は離婚経験者との教会での結婚式を禁じており、ウィリアムズ・カンタベリー大主教も皇太子の再婚に反対していたが、最近になって賛成姿勢に転換、規定の見直しなども進めているとされる。

毎日新聞 2005年2月10日 20時15分
[PR]
by miya-neta | 2005-02-10 20:24 | 国 際