「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

売春ほう助:巨額横領のチリ人妻、アニータ容疑者逮捕

MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題


 【メキシコ市・藤原章生】チリ紙「テルセラ」(電子版)によると、チリのサンティアゴ第3刑事裁判所は11日、元青森県住宅供給公社職員の妻、アニータ・アルバラード容疑者(32)を売春ほう助の疑いで逮捕した。当初は同日午後にも保釈される予定だったが、アニータ容疑者は容疑を全面的に否認しており、拘束が長引く可能性もある。

 同裁判所の担当判事によると、アニータ容疑者は自身が日本とチリを頻繁に往復していた97年から98年にかけ、知り合いのチリ人女性5人を売春目的で日本に送り込んだ疑い。被害者女性らは「ウエートレスの仕事ができると言われ、訪日したが、売春を強いられた」と、数年前から弁護士を通じ裁判所に告発していた。

 11日、裁判所に出頭した際に報道陣に囲まれた容疑者は「原告の一人は会ったこともない人だ。売春で子供ができたと訴えている人もいるが、初対面のとき、彼女にはもう子供がいた。まったくのうそ、言いがかりで、もう人を信用できない」と述べた。

 アニータ容疑者は夫の元公社職員=懲役14年確定=が横領した金約15億円の大半を受け取り、チリに豪邸を建てるなど話題を集めた。

毎日新聞 2005年2月12日 8時46分
[PR]
by miya-neta | 2005-02-12 11:52 | 国 際