「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

札幌雪まつりに外国人ラッシュ アジアで高まる北海道熱

札幌雪まつりに外国人ラッシュ アジアで高まる北海道熱 - asahi.com : 社会


 開催中のさっぽろ雪まつりに、今年はアジアを中心とする外国人客が増えている。新型肺炎SARSで減少した昨年から倍増の勢いだ。アジアでの北海道人気の高まりに、中国の旧正月期間が重なったことが理由らしい。

 札幌市中心部の大通会場近く。路上に列をなす貸し切りバスから降りてきた人の多くは、台湾からのツアー客だった。

 台湾の旅行会社の添乗員趙宸傑さん(38)は集団を雪像に案内しながら「日本の観光地でも北海道人気は絶大。ここで写真を撮り、地下街で買い物するのが最高のパターン」と話す。

 台湾では数年前から北海道紹介のテレビ番組が放送されるなどブームとなり、道内訪問者はこの7年で倍に増えている。ドラマ「北の国から」が人気を呼んだ香港や、夏場の南半球からスキーを楽しみに来るオーストラリア人の数も急増中だ。

 まつりの総入場者数自体は01年から減少傾向。不況やマンネリが指摘されるなか、外国人客は99年の2万6000人が03年は5万6000人まで増えた。昨年はSARSの影響で3万人を切ったが、今年は新千歳空港の出入国者がいまのところ前年比2.3倍で、一昨年も上回りそう。台湾や香港の休暇である旧正月と重なったことも影響した。

 アジア観光客を受け入れる総合ワールドトラベルの王一仁社長は「雪と雄大な自然は、気温の高い近隣国からは魅力。欧州旅行の価格が下がり、北海道は今後が勝負ではないか」とみる。
(2005/02/13 05:56)
[PR]
by miya-neta | 2005-02-13 20:19 | 国 際