「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「大量飲酒」歴の州別調査、中西部で目立つ、米調査

CNN.co.jp : 「大量飲酒」歴の州別調査、中西部で目立つ、米調査 - USA


2005.02.15
Web posted at: 20:58 JST- CNN/AP

ワシントン――米政府は14日、「大量飲酒」の回数を調べた2003年の州別比較調査を発表、ノースダコタら中西部州で多く、ユタ、オレゴン各州などで低いと報告した。調査の基準は、過去30日間に「1回以上、1度」の機会に、アルコール飲料を「5杯」以上飲むことと規定した。

昨年9月にまとまった全米調査のデータを基にした。全州の平均数字は約23%となっている。

ノースダコタでは、12歳以上の住民のうち、推定31%の人が経験。16%と最も少ないユタ州の約2倍の数値となっている。ユタ州では、住民の多くが飲酒を禁じられているモルモン教徒であるため、低かったとみられる。

これによると、ユタ、深南部の各州では割合が低く、オレゴンの20.5%を除き、20%を下回っている。逆に中西部州では高い割合を示した。
[PR]
by miya-neta | 2005-02-16 13:12 | 国 際