「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

同性婚合法ならカナダ首相を破門したいと司祭が発表

同性婚合法ならカナダ首相を破門したいと司祭が発表 | Excite エキサイト : ニュース


[ ロイター 2005年03月04日 16時50分 ]

[トロント 3日 ロイター] カナダ・カルガリーのカトリック教司祭は、自分に委ねられるとしたら、カナダで同性愛婚を合法化しようとしているマーティン首相を破門にしたい考えを明らかにした。

フレデリック・ヘンリー司祭は、マーティン首相の政策と宗旨は激しく対立するもので、二者が互いに和解するのは不可能だと述べている。

「(カトリック)教会の教えに従うか、そうでないかのどちらかひとつだ」と火曜日のトロントラジオ局のインタビューでヘンリー司祭は語った。ヘンリー司祭は、カナダの政治の中心に同姓婚問題を持ち出したクレティエン元首相も、破門されるべきだと以前に発言している。

水曜日に首相担当広報は、首相が政教分離を徹底したい考えであると述べた。エイミー・ブッチャー広報は「首相の信仰心はプライベートな問題で、なおかつ非常に大切なものです。しかし、首相としてカナダ憲法も心の底から信じています。首相は宗教団体がその信条を遵守する権利も含めて、全ての権利の保持に努めるでしょう」と話した。

マーティン首相は、今年後半に行われる予定の議会選挙で、同姓婚の容認を全国的に推し進めることを公約にした。すでにカナダの10州のうち7州と1準州が、同性愛者同士が結婚する権利を否定することは憲法違反だと裁決している。

連邦法においては、同性愛者に対して完全な民事婚の権利が与えられるだろうが、宗教関係者は同性カップルの結婚は認めないだろう。

[日本語訳・D姐]
[PR]
by miya-neta | 2005-03-05 18:03 | 国 際