「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

強制わいせつ:中西・衆院議員を容疑で逮捕 女性に抱きつく--東京・六本木の路上

MSN-Mainichi INTERACTIVE 事件


 東京・六本木の路上で女性に抱きつくなどしたとして、警視庁麻布署は10日、衆院議員(自民・東京4区)の中西一善容疑者(40)=東京都大田区南千束=を強制わいせつ容疑で現行犯逮捕した。中西容疑者は酒に酔っており、調べに「信じられないことをしてしまった。反省している」と供述している。憲法は国会議員について会期中の「不逮捕特権」を定めているが、国会法は国会外での現行犯逮捕を除くとしている。

 調べでは、中西容疑者は午前2時5分ごろ、港区六本木3の路上で、江戸川区に住む自営業の女性(22)にいきなり抱きついて壁に押し付け、衣服に手を入れて胸をつかむなどした疑い。女性は知人の男性と2人で歩いていたが、男性が携帯電話で話している間に抱きつかれたという。

 中西容疑者は、女性が抵抗すると立ち去った。9日に起きた殺人事件現場の警戒をしていた麻布署員に女性が通報。同署員が約10分後、現場から約30メートル離れたスナックで現行犯逮捕した。中西容疑者は赤坂と六本木で酒を飲み1人で歩いていた。女性とは面識はなく、「客引きと思った」と話しているという。

 中西容疑者は早稲田大政経学部を卒業。都議2期を経て、03年の衆院選で初当選した。

 衆院事務局によると、国会議員の現行犯逮捕は、64年に米国の原潜入港への反対デモで楢崎弥之助氏(当時社会党衆院議員)が公務執行妨害容疑で逮捕されて以来戦後2例目。【宮川裕章】

 ◇除名処分、自民が検討

 自民党の武部勤幹事長は10日、中西衆院議員の逮捕について記者団に「事実であれば言語道断。党紀委員会を開き除名処分を含めた結論を至急出してもらう」と述べ、除名処分を検討する考えを明らかにした。党紀委員会は来週にも開かれる。

 中西議員が今月15日までに辞職すると、公職選挙法の規定により、衆院東京4区の補欠選挙は4月24日投票の国政統一補選として実施される。

毎日新聞 2005年3月10日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2005-03-10 20:14 | 政 治