「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

高校生の郷土芸能韓国公演、延期に 反日感情の高まりで

asahi.com: 高校生の郷土芸能韓国公演、延期に 反日感情の高まりで-社会


アサヒコム 2005年03月18日19時43分

 文化庁の日韓国交正常化40周年事業の一環として韓国・ソウルで予定されていた、岩手、青森両県の公立高校4校の生徒68人による郷土芸能の公演が18日、延期となった。

 この日、韓国の受け入れ先の高校から、全国高等学校文化連盟に「諸般の事情から時期的に不適切なので、公演を延期してもらいたい」と電子メールで連絡が入ったという。全国高文連は急きょ、青森、岩手両県と協議して、延期を決めた。岩舘秀吉事務局長は「反日感情の高まりで、生徒の安全が脅かされることが予期されるので延期した。事態が沈静化すれば、実現させたい」と説明した。

 高校生たちは23日に韓国入りし、ソウルの高校で2回の公演を行う予定だった。岩手の生徒は約1300年の歴史がある国指定重要無形民俗文化財の「鬼剣舞(おにけんばい)」を、青森の生徒は津軽三味線などを披露することになっていた。

 新年度に統廃合される同高の鬼剣舞部員14人は、いずれも3年生。部員たちは「有終の美を飾りたい」と、公演が決まった1月中旬から、就職活動や進学準備の合間をぬって練習を重ねてきた。部長の柏葉一輝君(18)は「大きな公演になるので、部員みんな力を入れて練習してきた。残念という言葉以外思いつかない」と話した。
[PR]
by miya-neta | 2005-03-21 21:31 | 国 際