「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

北京市民、反日デモに賛同広がる・虚偽情報はんらん

NIKKEI NET:国際 ニュース


 【北京=吉田忠則】大規模な反日デモから一夜明けた10日、多くの北京市民が“事件”に賛意を示した。市の中心部を巡る三環路でデモを目撃した男性(23)に感想を尋ねると即座に「いいことだ」と答えた。

 事件の発端となった市西部の中関村近くの公園には「今日もデモがあると思い、参加するために来た」という男性(24)がいた。「日本の常任理事国入りを阻止するには政府だけではだめだ。民間も反対した方が効果がある」と強調する。

 “草の根レベル”で反日が広がっている背景には靖国神社参拝問題などだけでなく、不正確な情報のはんらんがある。9日のデモで学生たちが配っていたビラには「ホンダ、トヨタ、日産……は日本の軍事産業の支柱企業だ」とあった。

 内容は日本企業と日本の軍国主義とを結びつけるものばかりだ。ビラには「もし100元の日本製品を買えば10元は日本が国際社会で反中を広げるための政治資金に回り、9元は“大日本皇軍”の武器製造に回る」との解説まで書かれていた。
(07:01)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-11 07:44 | 国 際