「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

法輪功の5人、中国・江前主席ら提訴…「迫害受けた」

YOMIURI ON-LINE / 社会


 中国で非合法化されている気功集団「法輪功」の愛好者5人と国内のNPO法人「日本法輪大法学会」(東京)が「監禁や拷問などの迫害を受けた」などとして、江沢民・前中国国家主席や中国共産党幹部ら4人と中国大使館を相手取り、計6000万円の損害賠償を求める訴訟を12日、大阪地裁に起こした。

 同様の訴訟は世界14か国で起こされており、日本では初めてという。

 訴状によると、前国家主席らは1999年6月以降、法輪功を違法組織として弾圧。原告らは中国で不当に拘束され、暴行や脅迫などを受けたとしている。さらに中国大使館がホームページで中傷し、「精神的苦痛を受けた」と主張している。

 原告代理人は、中国大使館の不法行為は日本国内で行われ、中国国内での弾圧とも密接な関連があり、提訴は適法としている。

 中国大使館の話「法輪功は中国政府のイメージを悪くしようとしている。日本の裁判所の正しい判断を要望する」

(2005/4/12/20:25 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-12 21:31 | 国 際