「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

河野衆議院議長、路甬祥中国全人代副委員長と会見

河野衆議院議長、路甬祥中国全人代副委員長と会見
中華人民共和国駐日本国大使館

河野衆議院議長、路甬祥中国全人代副委員長と会見

2005/04/15


 河野洋平衆議院議長は14日、訪日中の中国の路甬祥全国人民代表大会(全人代 国会)常務委副委員長一行と会見した。

 河野議長は会見で、両国関係が困難に直面している現在の情勢下に、民意を代表する両国の立法機関間の直接的な対話と意思疎通は、相互理解・尊重の増進、両国関係の改善と発展に重要な意義があると述べた。そして中国全人代代表団の今回の訪問で、日本側との建設的討論を通して、双方の満足できる成果が得られるよう希望し、またそうなると信じていると表明した。

 路甬祥副委員長は次のように述べた。日本は中国の重要な隣国で、中国政府と人民は一貫して日本との友好協力関係を重視している。現在、両国の政治関係はいくつかの困難に直面しているが、双方が長期的戦略的見地にたち、両国と両国人民の根本的利益に強く責任を負う姿勢で、お互いの関心事の解決を重視するならば、両国関係は必ず困難を克服して、引き続き発展し、地域と世界の平和と繁栄に新たな貢献をすることができる。

 路副委員長はさらに、次のように述べた。今年は中国人民の抗日戦争勝利60周年にあたる。このような特別な意義のある年に、双方は「歴史を鑑とし、未来に目を向ける」精神と友好的、率直、理性的、実務的態度で、歴史を真剣に振り返り、挑戦に立ち向かい、両国関係の未来をよりよく切り開いていく必要がある。

 路副委員長はまた、中国全人代での「反国家分裂法」の審議、可決の状況を説明するとともに、日本側が引き続き一つの中国の政策を固く守り、中国人民の反「台独」、反分裂の闘争に理解と支持をよせ、平和統一の大業を進める中国の努力に理解と支持をよせるよう希望した。(人民日報東京4月14日発)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-15 22:59 | 国 際