「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

新法王ラッツィンガー氏、「ベネディクト16世」に

YOMIURI ON-LINE / 国際


b0067585_7203066.jpg 【ローマ=藤原善晴】バチカン市国で開かれていたローマ法王選出会議「コンクラーベ」は開始から2日目の19日、ドイツ出身で保守派の論客として知られるローマ法王庁教理省長官のヨーゼフ・ラッツィンガー枢機卿(78)を第265代法王に選出した。新法王は、「ベネディクト16世」を名乗る。

 ポーランド人のヨハネ・パウロ2世に続き、二代連続で非イタリア人法王となる。

 19日午後5時50分(日本時間20日午前0時50分)ころ選出が行われていたシスティナ礼拝堂屋上の煙突から「決定」を知らせる白い煙が上がり、サンピエトロ寺院の鐘が鳴って新法王の誕生を告げた。

 新法王は、前法王ヨハネ・パウロ2世の側近中の側近で、保守派を代表する教会指導者。前法王は、人工妊娠中絶、避妊、同性間結婚などを許さず、女性司祭についても認めていなかった。新法王も、この路線を継承するとみられる。

(2005/4/20/03:05 読売新聞 無断転載禁止)
[PR]
by miya-neta | 2005-04-20 07:22 | 国 際