「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

クリントン夫妻、不倫疑惑など裁判費用の借金返済 と

CNN.co.jp : クリントン夫妻、不倫疑惑など裁判費用の借金返済と - ビジネス


2005.06.17
Web posted at: 17:26 JST- CNN/AP

ワシントン──クリントン前米大統領夫妻は14日、1980年代の土地取引をめぐるホワイトウォーター疑惑や不倫騒動で被っていた弁護士代などの借金をすべて支払ったとの財務報告書を公表した。精力的にこなした講演の謝礼、話題となった本の著作権料が大きな要因となっている。

前大統領は在任時代を含め6年間、ホワイトウォーター、不倫両疑惑についての捜査、裁判闘争に直面し、2001年の大統領退任後、ワシントンやニューヨークの弁護士へ数百万ドル以上の支払いを抱えていた。

クリントン夫妻はこの中で、一部の費用は「公費」の性格もあるとして、政府が350万ドル(約3億8150万円)を支払うよう求めたが、裁判所は8万5000ドルのみを認めていた。

夫妻は2002年末段階での借金は、170万-650万ドルと報告。03年末で、ニューヨークの法律事務所に50万ドルから100万ドルの負債があるとしていた。

クリントン氏は04年、講演で87万5000ドルを稼ぎ、2年間では計139万ドルの収入を得たことを明らかにしている。米金融大手、シティグループや米ゴールドマンサックスなど大手企業での講演が大半だった。

一方、妻のヒラリー上院議員は自著「リビング・ヒストリー」(03年出版)で総額870万ドル近くの収入を得ている。

前大統領の広報担当は負債をすべて支払い終えたことで、「夫妻はとても喜んでいる」と述べ、04年は2回にわたる心臓のバイパス手術や本の執筆、講演会などで非常に多忙な1年だったと話した。
[PR]
by miya-neta | 2005-06-17 17:26 | 国 際