「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

戦後60年決議:衆院本会議で採択へ

MSN-Mainichi INTERACTIVE 国会


 衆院は2日午後の本会議で「戦後60年の国会決議」を自民、民主、公明、社民各党の賛成多数で採択する。国連の役割を評価し、核兵器廃絶への努力など世界平和への貢献をうたう一方、村山政権時代の「戦後50年決議」(95年)で明記された「植民地支配」などの表現は盛り込まなかったのが特徴だ。

 決議は歴史認識について「わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省する」などと記したが、戦後50年決議にあった「植民地支配」「侵略的行為」との表現は盛り込まなかった。

 民主党は決議の当初案に対し「50年決議から後退している」と主張。原案に対し「十年前の『歴史と教訓に平和への決意を新たにする決議』を想起し」との表現を新たに盛り込み、50年決議や同年の「村山談話」を踏まえた内容であることを強調することで合意。民主党は同日の役員会で修正案の了承を決めた。

 共産党は同日朝の国会対策委員会で「50年決議は侵略的行為や植民地支配を日本の行為として反省しておらず、それを想起しても過去の反省にはならない」として反対を決めた。社民党は決議自体に賛成するものの、共同提案者には加わらない。【平元英治、衛藤達生】

 ◇戦後60年決議の全文

 2日午後の衆院本会議で議決される「国連創設及びわが国の終戦・被爆六十周年に当たり、更なる国際平和の構築への貢献を誓約する決議」の全文は次の通り。

 国際平和の実現は世界人類の悲願であるにもかかわらず、地球上に戦争等による惨禍が絶えない。

 戦争やテロリズム、飢餓や疾病、地球環境の破壊等による人命の喪失が続き、核兵器等の大量破壊兵器の拡散も懸念される。

 このような国際社会の現実の中で、本院は国際連合が創設以来六十年にわたり、国際平和の維持と創造のために発揮した叡智(えいち)と努力に深く敬意を表する。

 われわれは、ここに十年前の「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」を想起し、わが国の過去の一時期の行為がアジアをはじめとする他国民に与えた多大な苦難を深く反省し、あらためてすべての犠牲者に追悼の誠を捧(ささ)げるものである。

 政府は、日本国憲法の掲げる恒久平和の理念のもと、唯一の被爆国として、世界のすべての人々と手を携え、核兵器等の廃絶、あらゆる戦争の回避、世界連邦実現への道の探究など、持続可能な人類共生の未来を切り開くための最大限の努力をすべきである。

 右、決議する。

 平成十七年八月二日

毎日新聞 2005年8月2日 12時14分
[PR]
by miya-neta | 2005-08-02 12:14 | 政 治