「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

第2新党:小林興起氏ら「日本」結成 代表に田中康夫知事

MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題


 郵政民営化法案に反対し、自民党公認を外された小林興起前衆院議員らが21日、東京都内のホテルで記者会見し、新党「日本(にっぽん)」を結成すると発表した。代表には田中康夫長野県知事が就任した。小林氏は代表代行になる。田中知事以外のメンバーは、前衆院議員3人と参院議員1人の4人で、公職選挙法の政党要件(衆院前職を含む5人以上の国会議員)を満たさないままの旗揚げとなった。

 自民党の非公認組からは小林氏のほか青山丘、滝実両前衆院議員、荒井広幸参院議員が参加した。4人は同日までに自民党に離党届を提出した。

 田中氏は会見で、長野県知事を続ける考えを表明したうえで「制度、仕組みを含め日本のあり方を現場の実情から変えるという思いで集まった。夢の持てる社会を作り上げたい」と新党結成の意義を強調。小泉純一郎首相が衆院選の争点に掲げる郵政民営化について「4分割される会社が海外の金融会社に売却されるようなことが起きないのか。国民への説明こそが政治で、行政の責務」と述べた。

 非公認組は17日に綿貫民輔元衆院議長を代表とする国民新党を結成している。小林氏らが第2の新党結成に踏み切ったのは、地方色の強い国民新党と役割分担し、都市部の浮動票の取り込みをはかる狙いがあるとみられる。新党日本の参加者のうち、小林、滝両氏が小選挙区、青山氏が比例代表への立候補を予定している。【谷川貴史】

毎日新聞 2005年8月21日 18時30分 (最終更新時間 8月21日 21時32分)
[PR]
by miya-neta | 2005-08-21 23:41 | 政 治