「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

アルカイダ、次の標的はアジアの中心都市か 仏判事

CNN.co.jp : ワールド


2005.08.26
Web posted at: 18:34 JST- REUTERS

ロンドン(ロイター) 国際テロの捜査を担当するフランスのジャンルイ・ブリュギエール予審判事は25日、国際テロ組織アルカイダが次の標的として、東京やシンガポール、シドニーなど、アジアの金融の中心地を狙っている可能性が高いとの見方を示した。英紙フィナンシャル・タイムズとのインタビューで語った。

ブリュギエール氏はこの中で「アジア地域の国、特に日本が狙われていることを示す情報がある」と述べたが、情報の詳細には言及しなかった。

同氏はまた、「見過ごされがちな事実だが、アルカイダは東南アジアの不安定化を望み、それを実行する能力を持っている」と警告。「いわゆるソフトターゲット(狙いやすい標的)だけでなく、経済、金融の中心地が狙われている」とも語った。

さらに、大規模なテロ攻撃を経験している米国や欧州などに比べ、アジアの一部地域では「テロの危険に対する市民の意識が不十分」と指摘。「脅威への意識を高めるための対策が必要だ」と呼び掛けた。

イラク戦争が起こったことで、アルカイダが構成員を募り、プロパガンダをさらに広める機会を得たとして、それが欧州でのテロの脅威を高めることになった、との見方も示した。
[PR]
by miya-neta | 2005-08-26 18:34 | 国 際