「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

男女2人の遺体発見、不明の日本人教諭か アフガン

asahi.com:社会


2005年09月02日22時12分

 アフガニスタン南部カンダハル州政府当局者によると、同州内の砂漠で1日夜、外国人らしい男女の遺体が見つかった。付近では広島県尾道市の市立中学校の男女教諭2人が行方不明になっており、現地の大使館は確認を急いでいる。

 カンダハル州当局者や日本外務省などによると、遺体が見つかったのは、パキスタン国境からカンダハルへ向かう幹線道路から6キロ横へそれたダマン地区で、死後かなりの日数がたっている模様だ。今のところ日本人と確認できる所持品は見つかっていないが、現地ではまれな洋服や眼鏡を身につけ、日焼け止めクリームも見つかった。周辺で外国人男女の行方不明情報はほかにないことから、「遺体は行方不明の日本人の可能性が高い」(州当局者)との見方が広がっている。

 遺体はカブールの内務省に搬送された。同省内で日本大使館関係者が身元確認をすると見られる。奥田紀宏・駐アフガン大使はジャラリ内相と遺体の身元確認について協議した。

 行方不明になっている2人は、8月6日にパキスタンへ出発し、19日の帰国予定日を1週間すぎても戻らないことから、現地の大使館で行方を捜していた。パキスタンの国境管理当局者によると、2人は8月8日、パキスタン西部チャマンから陸路でアフガンへ向け出国した記録が残っているが、アフガン側では入国の記録が確認されていなかった。

 アフガンでは旧政権タリバーンの武装勢力に対する米軍の掃討作戦が続いているほか、強盗や殺人などの犯罪が多発するなど治安が悪く、日本の外務省は都市部に渡航延期を、都市以外の全土に退避勧告を出している。

 タリバーンのハキミ報道官は2日、朝日新聞の電話取材に対し「事件は我々と関係ない。遺体のことは知らない」とかかわりを否定した。
[PR]
by miya-neta | 2005-09-02 22:12 | 国 際