「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

首相「おれの信念だ」/森氏「さじ投げた。変人以上」

Sankei Web 産経朝刊 (08/07 05:00)

平成17(2005)年8月7日[日]

 「衆院解散による政治空白は、経済、外交への影響が大きすぎる。やっちゃあいかん」と迫る森喜朗元首相に、「おれの信念だ。おれは殺されてもいい」と言い放った小泉純一郎首相。

 週末は首相公邸に一人でこもり、今後の政局対応を熟考する腹積もりの首相だったが、六日夜、森氏が突然来訪し、食事抜きで約一時間二十分にわたって激論をかわした。

 森氏は会談後、記者団に「さじを投げた。ここまでくると変人以上だ」と“絶縁宣言”した。

 森氏が首相公邸を訪ねる前、首相は郵政民営化法案が否決された場合でも衆院解散を断行しないのではないか、という憶測が一時、流れていただけに、首相は自ら退路を断ったといえる。

                  ◇

 ■激論80分…森氏の発言要旨

 森元首相が六日、記者団に小泉首相とのやりとりを明かした発言要旨は次の通り。

                  ◇

 自民党のみんなが心配してる。国民も心配してる。もう少し、何か知恵があってもいいんじゃないかというのがみんなの声じゃないか。私も昨日今日といろんな人たちと会って意見聞いてもみんな、やっぱりそう(解散を回避すべきだ)ね。政治家だけでなく経済界も。

 (首相が)すしぐらいとってくれるのかと思ったら、出てきたのは世界各国のビール。公邸にこれしかないんだって自分で抱えてきたよ。ビール十本を二人で飲んで、なくなったからもうビールないのかと聞いたら、ないと。冷蔵庫開けてみろといったらない。それで持ってきたのがウーロン茶。出してくれたのは、ひからびたチーズと、サーモンみたいなもの。それしかない。かんだけど硬くて食べられない。こんな待遇で一時間半も。

 はっきり言って、おれもサジ投げた。みんな努力してあんたの意見に賛成して、(郵政民営化法案に)反対の人までが賛成して、それで解散やってその人たちを苦しめて何の意味があるんだって言った。

 (首相は)おれの信念だ。おれは殺されてもいい。それぐらいの気構えでやっている。だから可決するために努力してくれ、と手を握られた。(法案)可決のため努力した人たちが路頭に迷うようなことがあったら君はどう責任とるんだ、と言ったら(首相は)仕方がない。おれは総理大臣だ。おれは郵政民営化をやるって言い続けてきた。だから絶対に通してくれ。可決のために努力してくれ。解散を好んでやるわけじゃない。

 いろんなことを私は説いた。国連、六カ国協議、北朝鮮、プーチン露大統領来日、予算、経済も。これだけ問題抱えて、政治空白、これだけは政治家として容認できない、やっちゃいかんと。そう言ったら(首相は)可決してくれれば問題ないと。もういっぺんよく考えてみてくれんかと言ったら、変わらないと。もうこうなると変人以上だな。

 (けんか別れかと記者団に問われ)けんか別れなんてしないよ。そんなもん、仕方ないじゃない、同じことを繰り返しているだけで。もうちょっといてもいいと思ったけど、ビールはなくなったし、お茶もなくなったし。歯が痛くなるようなこんなもん食わされて。腹も減ってくるし。

 (首相を支えるかと記者団に問われ)個人の情としてわからんではないけど、仲間もいるし。党のみんなも私も苦労して野党から与党に戻して、党を大事にしてきた。そう考えると、小泉さんにいつまでもこだわっていてもいかんなという気持ちにもなりかねない。むなしい、わびしい気持ちもある。長い政治生活でひょっとしたら(首相と会うのは)これで最後かもしれん。

 (解散を阻止するのかと問われ)僕は何も権限はない。解散阻止なんてできない。何かいい案があったら教えてくれよ。
[PR]
by miya-neta | 2005-08-07 05:00 | 政 治