「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

米ロ、北朝鮮の軽水炉要求を拒絶

CNN.co.jp : ワールド


2005.09.21
Web posted at: 10:05 JST- CNN

国連本部(CNN) 北朝鮮の核問題をめぐる第4回6者協議で合意した核放棄について、軽水炉型原発の提供がまずなければ放棄に着手しないと北朝鮮が表明したことについて、ライス米国務長官とロシアのラブロフ外相はそれぞれ20日、北朝鮮の要求は6者協議の合意内容とは異なると反発した。

国連本部でライス長官は報道陣に「北京(の6者協議)で合意した共同声明の文言をきちんと守る。関係各国が実際に合意したあの内容を全員がきちんと守れば、この問題について前進することができると信じる」と述べた。北朝鮮の要求については「合意文書は、軽水炉型原発については適切な時期に話し合うと明記している。それに向けてどういう順番で何が行われるのか、複数の声明が明確にしている」と述べ、核放棄着手の前提として軽水炉を要求した北朝鮮声明は、6者協議の合意を違えるものだと批判した。

ライス長官は、6カ国が合意した順番とは、(1)まず北朝鮮が全ての核兵器と現存する核開発計画を廃棄する (2)核拡散防止条約(NPT)に復帰し、国際原子力機関(IAEA)の保障措置を順守する――ことだと説明。この順番が守られて初めて、軽水炉について協議を始められるようになると強調した。

ロシアのラブロフ外相も国連で、6者協議の共同声明は「非常に苦しいいくつかの譲歩の結果、各国は慎重に厳密に合意した文章だが、北朝鮮における原子力エネルギー開発にどう協力するか話し合えるようになるためには、どういう手順を踏まなくてはならないか、明確に書いてある」と指摘。「現時点でなにより大事なのは、この合意が実際に履行されるよう努力することだ」と関係各国の努力を求めた。
[PR]
by miya-neta | 2005-09-21 10:05 | 国 際