「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ライオンに襲われ20人死亡、1000人避難 エチオピア

CNN.co.jp : ワールド


2005.09.21
Web posted at: 15:15 JST- CNN/AP/REUTERS

アディスアベバ──エチオピアの警察当局は20日、同国南部で8月、住民がライオンの群れに襲われる事件が繰り返されたと明らかにした。8月中に住民20人がライオンに襲われ、10人が負傷、さらに少なくともウシ70頭が食べられたという。過剰な森林伐採などによるえさ不足が原因とみられている。

ライオンの襲撃は、首都アディスアベバから南約500キロのソロ地区で起きた。地元職員タデス・ギチョールさんによると、ライオンは複数の村を日中に襲撃。「民家に押し入り、牛の世話をしていた牛飼いや住民を襲った」という。

警察によると、ライオンは2頭から4頭ずつの集団で村を襲撃。このため同地区の住民1000人以上が避難した。

警察は「ライオンは食べ物を求めて茂みから出てきた」とコメントしている。

タデスさんは、襲撃の多発したギベ川流域では過剰な森林伐採による干ばつが続き、野生動物のえさが減少していると説明。

ライオンが人間を襲う地区では、狩猟や森林伐採、人口増加などが原因で野生動物のえさが減少していることが多い。野生動物よりも人間の方が捕まえやすいため、特に老いたライオンが人間を襲う傾向にあるという。

警察当局は、これ以上の犠牲を防ぐにはライオンを処分するしか方法はないとして、捜索を始めている。
[PR]
by miya-neta | 2005-09-22 15:46 | 国 際