「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

国勢調査票 市職員が回収開始 仙台市の調査員辞任

河北新報ニュース


 仙台市青葉区を担当する国勢調査員80人が一斉辞退し、調査業務に混乱が生じている問題で、仙台市は6日、市職員約100人を国家公務員扱いの調査員に任命し、事情説明と調査票の回収を始めた。10日まで休日返上で取り組むという。

 調査員に任命された市職員は、辞退者が担当するはずだった青葉区の約1万3000世帯を回り、口頭で調査業務が混乱した経過を説明し、記入済みの調査票を受け取った。留守世帯には経過を説明した文書を届け、後日、再び訪問する。

 青葉区では調査票の配布が始まった9月23日から、調査員に任命された約1800人のうち、主に高齢の80人が体調不良を理由に続々と辞退。調査業務が混乱し、市民から苦情が相次いでいた。
 市企画局は「とにかく少しでも回収率を上げるため、休日や夜間も足を運ぶつもり。調査票の記入、回収に協力をお願いしたい」と訴えている。

2005年10月07日金曜日
[PR]
by miya-neta | 2005-10-07 09:26 | 政 治