「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

“個人情報の壁”で困難?仙台で国勢調査員81人辞退

社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 仙台市青葉区で国勢調査を担当する調査員計約1800人のうち、81人が調査途中で相次いで調査員を辞退していたことが6日、わかった。

 体調不良などを理由に挙げる調査員もいるが、市は「個人情報保護法でプライバシー意識が高まり、調査が難しくなっているのでは」とみている。

 市によると、調査前の8月下旬から9月中旬にかけて説明会を開き、調査の意思を確認していたが、調査票の配布が始まった9月23日から30日にかけて、20歳から78歳までの81人が辞退した。60歳以上が過半数の44人で、高齢者の多くは体調不良やけがを理由に挙げた。

 市は全員の辞退理由は把握していないが、今年4月に全面施行された個人情報保護法の影響を指摘する声もある。

 青葉区は市の中心部で、市内最多の約13万7000世帯を抱える。オートロック式マンションが増加するなどプライバシー保護の意識が高まっており、調査員からは「居留守を使われたり、戸別訪問しても断られたりするケースが増えた」との報告があるという。区では「辞退の理由にもなっているのでは」とみている。

 青葉区以外の市内4区での辞退者は、宮城野、太白区が各3人、若林区が2人、泉区はゼロだった。

 辞退者が担当していたのは、計約1万3000世帯。調査票が配布されなかった世帯には、区の職員延べ130人が訪問し、9月29日から10月1日にかけて配布。回収作業にも、市や区から職員計100人を動員している。

 国勢調査を統括する市政策企画課は「これだけ大勢の辞退者が出たのは例がない」と困惑しており、「職員の動員が頻繁に起こるようでは行政運営に支障が出る。原因を究明したい」としている。

(2005年10月7日1時53分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2005-10-07 01:53 | 政 治