「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

チリ大統領、フジモリ氏問題で日本政府を批判

国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)


 【サンティアゴ=中島慎一郎】チリのラゴス大統領は9日、フジモリ元ペルー大統領のチリ入国を巡り、「国際手配されている人物が出国したのなら、知らせてくれた方がいいのは当然だ」と述べ、日本政府からの事前連絡がなかったことに遺憾の意を表明した。

 大統領はさらに、日本政府がフジモリ氏の「公正な扱い」をチリ側に求めたことについて、「フジモリ氏はペルーの旅券で入国し、入国書類にもペルー人と書いている」と指摘、フジモリ氏は「ペルー人」との認識を示した。

 これに対し、駐チリ日本大使館の小川元(はじめ)大使は9日の記者会見で、フジモリ氏のチリ入国について「夢想だにしていなかった」と釈明。国籍問題については「日本の旅券を持ち、日本人として出生届が出ている。日本人であることは間違いなく、チリ国民に理解を求めていきたい」と語った。

(2005年11月10日19時57分 読売新聞)
[PR]
by miya-neta | 2005-11-10 19:57 | 国 際