「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

化学工場爆発で川が汚染 ハルビンで給水停止

CNN.co.jp : ワールド


2005.11.24
Web posted at: 18:28 JST- CNN/REUTERS

中国・ハルビン――中国国家環境保護総局は23日、中国東北部・吉林省吉林市の化学工場で今月13日に起きた爆発事故で、人体に有害なベンゼンなどが吉林省と黒竜江省を流れる松花江に流入したと初めて確認した。松花江は黒竜江省ハルビン市の水道水源となっているため、同市は22日から4日間、市内の水道供給を停止している。

環境保護総局によると、中国石油吉林石化公司の化学工場で起きた爆発事故によって、14日には吉林市を流れる松花江から基準の100倍以上のベンゼンなどを検出した。

吉林市から約380キロ下流にあるハルビン市当局によると、24日早朝には汚染水が同市郊外の取水水域に到達し、26日にはハルビン市に到達する恐れ。汚染水の帯は長さ80キロにも達し、ハルビン市内の流域を通過するには約40時間掛かるとも計算されている。

ハルビン市は22日に給水停止を発表した後、市民の水備蓄のため23日に一時的に給水を再開した。また市内100カ所で新しい井戸の掘削を始めている。

市当局は住民に、水面から立ち上る化学物質の蒸気との接触も危険だとして、松花江には近づかないよう警告している。また汚染物質による健康被害に速やかに対応できるよう、病院15カ所が待機態勢をとった。

一方、ハルビン周辺の空港や駅は、市内を脱出しようとする住民や観光客でごったがえした。

松花江はハルビンを通ってさらにロシア・ハバロフスクに流れ込む。このため、ロシアのトルトネフ天然資源相はロシア通信に対し、ロシア国内で健康被害がないよう必要な策を全て講じると述べた上で、「このためには中国からもっと情報が必要だ。汚染物質の構成を正確に知る必要がある」と中国政府に情報開示を求めた。

ベンゼンは医薬品や染料・香料・爆薬などの合成原料となる無色揮発性の液体で、人体には有害。発がん性があり、白血病などの原因ともなる。
[PR]
by miya-neta | 2005-11-24 18:28 | 国 際