「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

公明党:自民党改憲案の「自衛軍」保持明記に反対方針

今日の話題:MSN毎日インタラクティブ


 公明党は27日、自民党がまとめた新憲法草案に盛り込んだ「自衛軍」保持の明記に反対する方針を固めた。公明党は来年秋をめどに独自の改憲案をまとめるが、現行9条1項、2項の条文を維持する「加憲」を前提とする以上、新条項を追加しても自衛軍の明記とは整合しない、と判断した。

 「自衛軍」は自民案が目玉と位置付けていたものだけに、公明党の方針は今後の9条見直し論議に影響しそうだ。

 自民案は9条1項の戦争放棄はそのまま維持する一方で、戦力不保持を定める2項を改定し、現在の自衛隊を「自衛軍」と明記した。公明党の太田昭宏幹事長代行(党憲法調査会座長)は27日、NHKの討論番組で、自民案について「わが党は『自衛軍』には賛成できない。現憲法での平和主義は、大事な項目だと思っており、憲法9条は1項2項とも堅持する」と明言した。

 これに対し、自民党の舛添要一・新憲法起草委員会事務局次長は「(憲法改正の)一番大きな眼目は9条。最新の戦闘機や、イージス艦を持つ自衛隊はやはり軍隊であり、現状を追認し、歯止めがなくならないよう、国会できちんと(安全保障基本法などの)法律を作る」と説明。「自衛軍」を含む9条改正は重要部分、との認識を強調した。【田中成之】

毎日新聞 2005年11月28日 3時00分
[PR]
by miya-neta | 2005-11-28 03:00 | 政 治