「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

広島小1殺害:ペルー人容疑者の登録証は「偽造」

事件:MSN毎日インタラクティブ


 【リマ藤原章生】広島女児殺害事件のペルー人容疑者が02年に「フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ」の姓名で登録したペルー国民登録証について、国民登録局は1日付で、偽造と断定、容疑者は偽名だったことが確認された。毎日新聞が2日入手した登録証の写しには、「偽造」と記してある。一方、同国北部グアダルーペに住む容疑者の姉は電話取材に「弟の本名はマヌエル・トレス・ヤギだ」と語った。

 国民登録証は18歳以上に義務づけられた身分証の原簿に相当。出生証明書や軍人証明書など身元証明書類と、2人のペルー国民の証人の書類を基に作成される。

 「偽造」とされた登録証の写しによると、「ピサロ・ヤギ」容疑者は軍人証明書を基に、02年10月23日付で登録されていた。

 国民登録局幹部のバルガス氏によると、同容疑者は72年に「ホセ・マヌエル・トレス・ヤケ」の名で出生登録。しかし、選挙登録する際、74年生まれの「フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ」の名の出生証明書を提出している。この出生証明書も偽造とみられる。

毎日新聞 2005年12月3日 15時00分

--- --- --- --- ---

広島・小1女児殺害:容疑者、国民登録証は偽造 ペルー登録局、偽名と断定

 【リマ藤原章生】広島女児殺害事件のペルー人容疑者が02年に「フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ」の姓名で登録したペルー国民登録証について、国民登録局は1日付で、偽造と断定、容疑者は偽名だったことが確認された。毎日新聞が2日入手した登録証の写しには、「偽造」と記してある。一方、同国北部グアダルーペに住む容疑者の姉は電話取材に「弟の本名はマヌエル・トレス・ヤギだ」と語った。

 国民登録証は18歳以上に義務づけられた身分証の原簿に相当。出生証明書や軍人証明書など身元証明書類と、2人のペルー国民の証人の書類を基に作成される。

 「偽造」とされた登録証の写しによると、「ピサロ・ヤギ」容疑者は軍人証明書を基に、02年10月23日付で登録されていた。

 国民登録局幹部のバルガス氏によると、同容疑者は72年に「ホセ・マヌエル・トレス・ヤケ」の名で出生登録。しかし、選挙登録する際、74年生まれの「フアン・カルロス・ピサロ・ヤギ」の名の出生登録書を提出している。この出生登録書も偽造とみられる。

 ◇コンロ型式番号、容疑者削り取る

 ピサロ・ヤギ容疑者が所持していたガスコンロの型式番号が削り取られていたことが3日、広島県警捜査本部の調べで分かった。ガスコンロの種類の特定から所有しているのが発覚しないよう型式番号を削ったとみて追及している。

毎日新聞 2005年12月3日 東京夕刊
[PR]
by miya-neta | 2005-12-03 15:00 | 国 際