「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「死者10~70人」報道も 中国・広東の警官発砲

asahi.com:国際


2005年12月10日23時13分

 中国広東省汕尾市の東洲村で起きた当局と住民の衝突で、住民側の死者数が増える可能性が出てきた。香港紙は当初、当局の発砲によって8人前後が死亡と伝えたが、10日には各メディアが、住民の証言などを根拠に死者数が10~70人に上ると報じた。米ニューヨーク・タイムズは死亡20人、行方不明50人と報道。中国に対する国際的な非難が高まる可能性もある。

 事件は6日夜に発生。発電所の建設計画に抗議していた地元住民に、武装警察が鎮圧のため催涙弾を発射。実弾を使った可能性もあるという。

 10日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、住民の証言として、当局が死者の遺族に対し、金をやるから遺体をあきらめるように、と話をもちかけてきた、と伝えた。遺体を隠すことで、事件自体を隠蔽(いんぺい)する狙いがあった、との見方もある。

 村では、発電所建設に伴う住民への補償を巡って、住民と当局の対立が続いていた。広東省では土地を巡る同様の衝突が多発している。
[PR]
by miya-neta | 2005-12-10 23:13 | 国 際