「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「ご子息とか後継者とか言うな」と取り締まりを指示

ZAKZAK


 韓国の聯合ニュースは11日、北朝鮮の金正日総書記が最近、朝鮮労働党や軍の側近に対し、後継者問題に関する論議をやめるよう指示したことが明らかになったと報じた。

 複数の対北朝鮮消息筋の話としている。

 金総書記は「敵どもが父子世襲などと言いながらわれわれを中傷している」とした上で「幹部間や社会で、ご子息とか後継者とか言えないように厳しく取り締まれ」と指示。世襲が自分の息子まで続けば、故金日成主席と自分のイメージを損ない、国際社会の物笑いの種になるとして、後継者問題に一切言及するなと強調したという。

 また金総書記は、昨年死亡したとの情報が日韓などで流れた高英姫夫人について、軍内部で進んでいた偶像化教育を中断するように指示。これを受け、金総書記による部隊視察時に、将校らが高夫人や息子の金正哲、金正雲両氏らと一緒に撮影した記念写真を回収するなどしているという。(共同)

ZAKZAK 2005/12/12
[PR]
by miya-neta | 2005-12-13 09:29 | 国 際