「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

北京の「直訴村」取り壊し 中国、陳情者ら多数拘束

Sankei Web 国際 (12/13 16:27)


b0067585_17473461.jpg

 中国当局は13日までに、国内各地から政府への陳情に訪れる人々が多数集まる北京市南部の通称「直訴村」の取り壊しに着手、関係者によると陳情者ら約1000人を拘束した。陳情者が急増する中、集団化して反政府行動を引き起こすことを懸念、徹底排除の方針を決めたとみられるが、陳情者らからは「陳情は政府が認めた権利だ」と強い反発が出ている。

 関係者によると、最大約3000人が宿泊していた直訴村の十数棟の簡易宿舎の取り壊しが先月20日に突然始まり、陳情者らは強制退去させられたという。所持品ごと壊された宿舎も多く、寒風の中でがれきから私物を探す姿が今もみられる。

 周囲の他の宿泊施設にも警察が今月1日、「陳情者の宿泊禁止」を命じ、8日深夜に一斉摘発。目撃者によると、陳情者らをバス約十数台で連行し、ベッドも押収するなど「これまでにない徹底した摘発」(関係者)を行ったという。

 中国では陳情者の権利などを規定した「陳情条例」が定められており、吉林省から陳情に来ている男性(45)は「なぜ追い立てられなければならないのか」と訴えた。2008年の夏季五輪を控え、北京市は直訴村の跡地を緑地にして環境整備を図る予定だ。

 直訴村は、再開発などに伴い引っ越した地元住民の空き家に01年ごろから陳情者が住み始めたのがきっかけ。一部屋に10―40人が宿泊する劣悪な条件だが、1泊3元(約45円)と低料金で、宿泊者が急増していた。(共同)

(12/13 16:27)
[PR]
by miya-neta | 2005-12-13 16:27 | 国 際