「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

キャビア取引、当面凍結 ワシントン条約事務局

asahi.com:国際


2006年01月04日22時09分

 絶滅の恐れのある野生の動植物の国際取引を規制するワシントン条約の事務局(CITES、ジュネーブ)は3日、チョウザメ類の保護のため、高級食材キャビアの取引を当面凍結すると発表した。キャビア輸出国が提出した06年の割当量(未公表)が「年々減少するチョウザメ類の生息数を正確に反映していないため」としている。

 凍結によって影響を受けるのは、主要なキャビア生産国のアゼルバイジャン、イラン、ロシアなどカスピ海や黒海周辺の国々。CITESは、輸出国が適切な割当量を提示できるまで凍結が続くとしている。養殖チョウザメのキャビアは対象外。

 AFP通信がイラン関係者の話として伝えたところによると、CITESは今月15日までに詳細の提示を求めたという。

 取引のピークはクリスマス前後のため、キャビア市場に大きな影響はないとみられる。
[PR]
by miya-neta | 2006-01-04 22:09 | 国 際