「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

ポーランド:展示場崩落、66人死亡 救出作業は難航

ヨーロッパ:MSN毎日インタラクティブ


 【ウィーン会川晴之】ポーランド南部のカトウィツェの大規模な展示施設で28日午後5時半ごろ、屋根が崩落し、66人が死亡、約160人が負傷した。AP通信などが伝えた。警察は雪の重さで崩落した可能性があるとみて調べている。29日、現場を訪れたカチンスキ大統領は記者会見し、「犠牲者は子供2人、外国人2人を含む66人で、これ以外に不明者はいない模様だ」と語った。

 展示施設ではレース用のハトの見本市が行われており、欧州各国から集まった約500人の来場者でにぎわっていた。目撃者によると、建物がひび割れるような音が聞こえた後、突然、中央部の屋根が崩落したという。崩落で施設内は大混乱となり、多くの来場者が内部に取り残され、がれきや雪などの下敷きになった。

 ワルシャワの日本大使館は29日朝、「日本人が現場に居合わせたとの情報はない。出展者の中にも日本人はいない」と話した。カトウィツェに進出している日本企業2社の社員も全員が無事と確認された。

 展示施設はサッカー場程度の大きさで面積約1万平方メートル。90年代末に建設された。AFP通信によると、現場周辺には約30センチの積雪があったといい、屋根にもかなりの雪が積もっていたとみられる。ただ、除雪を行っていたとの情報もあり、崩落の原因はまだはっきりしていない。

 現場は氷点下15度以下の厳しい冷え込みで事故発生後、徹夜での厳しい救出作業が続いた。

 見本市は27~29日の予定で、ベルギー、ドイツ、ウクライナなど欧州各国から120以上の業者らがレース用ハトを出展していた。

 欧州は昨年来、厳しい寒波に見舞われており、今月2日にはドイツ南部の屋内スケート場の屋根が積雪の重みで崩落、子供ら14人が死亡した。ポーランドでも1月に寒波のため、140人が死亡している。

毎日新聞 2006年1月29日 19時47分 (最終更新時間 1月30日 1時17分)
[PR]
by miya-neta | 2006-01-29 19:47 | 国 際