「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

皇位継承 旧宮家復帰、強く支持 寛仁さま、女帝の問題点ご指摘

Sankei Web 産経朝刊 (02/01 05:00)


 女性天皇と女系による皇位継承を容認した有識者会議の報告書に基づき、政府が皇室典範改正案の今国会提出を目指している問題で、寛仁(ともひと)親王殿下は産経新聞社の単独インタビューに応じ、女系容認に改めて反対するとともに、女系の前段階である女性天皇即位の問題点を指摘された。その上で、男系男子維持のため旧宮家を皇籍復帰させる案について「声を大にして言っておきたい」と強く支持された。

 寛仁さまは、父方をたどっても天皇につながらない女系「天皇」の容認について「(国民が)正統性を認めるだろうか」とご批判。女系「天皇」を生む女性天皇について「女性天皇を認めれば女系に移る」とした上で、過去の女性天皇がいずれも未亡人か生涯独身だったことなどに触れ、世論調査はこうした伝統を十分説明した上で行うべきだとの見解を示された。

 皇統維持策として、GHQ(連合国軍総司令部)の圧力で皇籍を離脱した旧宮家を復帰させることは「決して不自然なことではない」「そういう方策があるということを声を大にして言っておきたい」と強調。

 有識者会議が旧宮家の皇籍復帰を「国民の理解と支持を得ることは難しい」として排除したことに対しては、愛子さまが皇位継承者となり、歴史上前例のない「女性天皇の配偶者」が陛下と呼ばれることのほうが違和感があると反論された。

 さらに「あらゆる手を尽くした上でも次の世代が女性ばかりだったという状況になれば、そのときに女帝・女系の議論に入ればいい」と述べ、皇太子さまの次の代の天皇について、愛子さま以外の選択肢をまず模索すべきだと示唆された。

                   ◇

【用語解説】旧宮家

 占領下の昭和22年、皇室弱体化を狙うGHQの圧力で昭和天皇の弟である秩父宮、高松宮、三笠宮の3宮家を除く11宮家が皇籍離脱。現在では6つの旧宮家が断絶または後継者不在となり、旧賀陽宮家、旧久邇宮家、旧朝香宮家、旧東久邇宮家、旧竹田宮家が男系男子で存続している。20代から40代の男性は計14人。愛子さまと年齢が近い男児は、旧賀陽宮家に小学生が2人、旧東久邇宮家に2歳の子供がいる。

                   ◇

 インタビューの全文は1日発売の「正論」3月号に掲載されます。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-01 07:09 | 政 治