「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

「東宮さまに遠慮していたが…」秋篠宮さま

asahi.com: 社会


2006年02月08日08時13分

 「東宮さまのほうに遠慮していたが、『もうそろそろいいよ』とのお許しがあったので……」

 秋篠宮さまは、親しい人にこんな話をもらしたことがあるという。

 03年12月、当時の湯浅利夫宮内庁長官が記者会見で「皇室の繁栄を考えると、(秋篠宮ご夫妻に)3人目を強く希望したい」と述べた後のことだった。

 会見の翌日、体調を崩して公務を休みがちだった皇太子妃雅子さまの静養が発表された。突然の第3子発言は、天皇、皇后両陛下の意向を受けたものだったと見られている。

 その後、紀子さまは、東京都港区の愛育病院を訪れ、検査を受けたり体調管理を相談したりしていた。「なるべく自然に」とのご夫妻の意向で、特別な医学的な手だてはとられなかったという。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-08 08:13 | 政 治