「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

紀子さまご懐妊兆候 9月末出産予定 秋篠宮家第三子

Sankei Web 産経朝刊 (02/08 05:00)


平成18(2006)年2月8日[水]

 宮内庁の羽毛田信吾長官は七日、秋篠宮妃紀子さま(39)にご懐妊の兆候がみられると発表した。関係者によると、ご出産は九月末ごろの予定という。ご夫妻にとっては、長女の眞子(まこ)さま(14)、二女の佳子(かこ)さま(11)に次いで三人目のお子さまになる。男児がお生まれになると、皇室では昭和四十年の秋篠宮さま(40)以来四十一年ぶり。現行の皇室典範では、皇位継承順位が皇太子さま、秋篠宮さまに次いで第三位となる。今国会で小泉純一郎首相が成立を期している、女性・女系天皇を認める皇室典範の改正論議にも影響を与えそうだ。

 天皇、皇后両陛下にとっては、皇太子ご夫妻の長女、敬宮(としのみや)愛子さま(4つ)に続いて四人目の孫になる。

 羽毛田長官や関係者によると、紀子さまはこの日午前、東京・元赤坂の宮邸で医師の診察を受けられ、超音波検査などで妊娠の兆候が確認された。経過は順調という。

 紀子さまは検査結果について、ご公務で千葉県に出かけられていた秋篠宮さまに電話でご連絡。秋篠宮さまは天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻に直接、電話で報告された。羽毛田長官によると、両陛下は心よりお喜びのご様子だったという。羽毛田長官は「後日、その時期が来れば、正式に発表します。それまでの間、妃殿下が静かにお過ごしになれるよう、配慮されることが極めて大切である」とした。

 紀子さまは八日、結核予防会総裁として、都内で開かれる「第十回結核予防関係婦人団体中央講習会開講式」に出席される予定。十八日からは二泊三日の日程で、ご夫妻そろって群馬県片品村で開かれる冬季国体スキー競技会開会式ご出席の予定も入っている。宮内庁では今後、お体の負担を考えて公務を調整していく方針。

 秋篠宮ご夫妻は平成二年六月二十九日、ご結婚。三年十月二十三日に眞子さま、六年十二月二十九日に佳子さまがお生まれになった。現在、眞子さまは学習院女子中等科二年生、佳子さまは学習院初等科五年生。

 ご夫妻の第三子をめぐっては、宮内庁の湯浅利夫・前長官が十五年十二月の会見で、「ぜひ強く希望したい」と発言した経緯がある。

 ご夫妻は今年一月の新春恒例「歌会始の儀」で、昨年九月に訪問された兵庫県豊岡市でごらんになったコウノトリの放鳥式典にちなみ、そろってコウノトリを歌に詠まれていた。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-08 05:00 | 政 治