「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

民主・菅元代表、19日のシンポで「団塊党」始動

asahi.com: 政治


2006年02月17日19時45分

 民主党の菅直人元代表が「団塊党」の初シンポジウムを19日、都内で開き、「雇用における年齢差別禁止法」の導入を訴える。市民運動出身らしく、国会議員の参加は呼びかけず、政治色を薄めた集会だが、党内では「前原代表の改革競争路線を補って党の支持を広げてくれている」「いや代表選に向けた場外戦」と憶測が飛んでいる。

 「団塊党」は昨秋、構想をぶち上げた。菅氏は「注目されたら、しめしめと思ったから『党』と言った。要は甘党、辛党のようなもの」と説明。定年退職を迎える団塊世代の活躍の場を紹介、支援するネットワークという位置づけだ。

 シンポジウムには、浅野史郎前宮城県知事や、寺島実郎日本総合研究所理事長ら、団塊世代のパネリストを招く。菅氏は「今の60~70代は、戦前の40~50代と同じ体力、知力、意欲がある。75歳まで働ける社会にモデルチェンジすべきだ」と問題提起する。

 民主党は、次期衆・参院選の候補者に定年制を導入したが、菅氏はホームページなどで「時代に逆行している」と批判している。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-17 19:45 | 政 治