「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

貧富の差広がる中国、犯罪増加で人々の安心感が低下

Excite エキサイト : ニュース


[ REUTERS 2006年02月20日 20時56分 ]

 [北京 20日 ロイター] 中国で、人々の安心感が3年連続で低下したことが分かった。国内の大部分で貧富の格差が広がり犯罪が増加していることが背景。20日付の中国青年報に掲載された統計で明らかになった。

 過去25年間の経済成長に伴い、貧富の差が拡大し、汚職もはびこっている。

 仕事を求めて数億人が田舎から都市部に集まるなど、約13億人を数える人口の移動も加速している。

 有力民間調査会社ホライズン・リサーチの調査によると、安心を示す指数は昨年は3.53で、2003年の3.66、2004年の3.62から下がり続けている。調査は4128人を対象に行われたもので、1990年代半ばから全体的に低下傾向にあるという。ただ、この指標がどのように統計されたものかは明らかにされていない。

 ある大学の教授は「これは人々が現在感じていることを客観的に反映している」と指摘。「不均衡な社会の発展、特に都会と田舎の貧富の格差が広がり続けていることは、あらゆる種類の矛盾を集中的に発生させている」と述べ、そのために犯罪が増えていると分析した。
[PR]
by miya-neta | 2006-02-20 20:56 | 国 際