「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

<中曽根元首相>「政界に笑いを」と渡部国対委員長を激励

Excite エキサイト : ニュース


[ 毎日新聞 2006年03月10日 19時26分 ]

 「政界に冗談がないといけない。カラカラに干からびちゃった政界に、笑いと水分が復活するのは渡部さんの力だ」――。中曽根康弘元首相は10日、就任あいさつのため東京都内の事務所を訪ねた民主党の渡部恒三国対委員長をこう激励した。

 中曽根氏は「『若い者はいい』とおだて過ぎると、ホリエモン(堀江貴文ライブドア前社長)みたいのが出てくる」と、世代交代論をチクリ。

 自民党で定年制に基づき衆院選出馬を阻まれた過去を思い出してか「民主党だけの問題じゃない。日本全体、老壮青が手をつないでいかなければ」と力説した。

 渡部氏が厚相で初入閣したのが中曽根内閣当時の23年前。民主党長老の73歳の「黄門さま」も、87歳の「大勲位」におだてられ「一生懸命頑張ります」と、さすがにちょっと神妙な表情だった。【衛藤達生】
[PR]
by miya-neta | 2006-03-10 19:26 | 政 治