「二条河原落書」のネタ帳


by miya-neta

薬物依存の治療受けると、交通事故のケネディ議員

CNN.co.jp : USA


2006.05.06
Web posted at: 13:16 JST- CNN/AP

ワシントン――米野党、民主党上院の重鎮、エドワード・ケネディ議員の息子、パトリック・ケネディ下院議員(39、ロードアイランド州選出)が4日未明、車を連邦議会敷地内の柵に衝突させた事故で、同議員は5日、ミネソタ州の施設で薬物依存の再治療を受ける、と発表した。

事故前に、睡眠薬と吐き気を抑える薬を飲用したことを認めている。事故を処理した警察の報告書は、事故原因は運転者の操作の誤りと断定している。下院議員は、事故発生時、眠気を覚えた、などと説明している。

ケネディ議員は5日の会見で、事故発生の経緯を覚えていない、と指摘。長年、自らの薬物依存に悩んでいたことを認め、外部の助力が必要になったと述べた。昨年のクリスマス時に、ミネソタ州の施設に入所、一定の効果を挙げたことも告白した。

議員を辞任する考えはないとも語った。

米メディアは、事故現場にいた警官が「酔っていたように見える」と報告した、と伝えていたが、同下院議員は事故前に飲酒したことはない、と否定している。事故で同議員にけがはなかった。同乗者はおらず、警官に自宅まで送ってもらったという。

警察によると、事故現場でアルコール検査はせず、逮捕もされなかった。同議員は、特別は配慮を警官には求めなかったとしている。地元署は、交通違反容疑で調べている。

議員は、事故前、眠気に襲われる中で、議会で投票しなければならないと考えていたと主張したが、採決はその前に終了したことが判明している。

エドワード・ケネディ議員はコメントを出していない。
[PR]
by miya-neta | 2006-05-06 13:16 | 国 際